ひと目で分かるかな?空港のスリーレターコードについて

この記事は約4分で読めます。
日本の空港のスリーレターコード

世界各地にある空港ですが、国際航空運送協会(以下、IATA)によって決められた3文字のアルファベットで略されて呼ばれます。

各航空会社や旅行系のサイト、搭乗券などに「HND」や「ITM」などの記載を目にしたことがある方もいるかも知れません。

日本の空港 スリーレターコードクイズ

当然、日本にある各空港にもスリーレターコードが存在します。
以下に挙げるスリーレターコードはどこの空港か予想してみてください。
(『→』の右側テキストを選択すると答えが出ます。)

HND→東京国際空港(羽田空港)
ITM→大阪国際空港(伊丹空港)
NRT→成田国際空港
CTS→新千歳空港
OKA→那覇空港
KIX→関西国際空港
MYJ→松山空港
KMI→宮崎空港
KIJ→新潟空港
GAJ→山形空港

何問正解できましたか?
もはや地名の原型を留めていなさそうなスリーレターコードもありますね。
(ちなみに、難易度が低そうなものから順番に並べたつもりです。)

スリーレターコードの命名パターンについて

地名(空港名)の子音を1文字ずつ取るパターン

HND(東京国際空港、通称羽田空港)やCTS(新千歳空港)のように、地名(空港名・愛称名)の子音や頭文字を1文字ずつ取って名付けるパターンです。

3音のときが一番収まりが良いのですが、音数が多いOKE(沖永良部空港)や音数が少ないIKI(壱岐空港)、頭3文字を採用するRIS(利尻空港)などいくつか派生パターンがありますが、いずれも推測はしやすいです。

ちなみにアイドルユニットのAKB系もこのパターンに属していると言えます。
なお、スリーレターコード『AKB』の空港はアメリカにあるアトカ空港です。
他のユニットも興味がある方は調べてみてください。

1文字関係のない英語が交じるパターン

KIX(関西国際空港)、MYJ(松山空港)やKMI(宮崎空港)のように、空港名と関係のない文字が1つ交じるパターンです。
KMIは頭文字が関係ない部分なので、想像するのが難しそうです。

ちなみに日本の空港のスリーレターは3文字目が「J」の空港が比較的多いのですが、これはJapanの頭文字から取られている説が有力です。

地名(空港名) とほぼ関係のない英単語パターン

KIJ(新潟空港)、UEO(久米島空港)などほぼ原型を留めていないパターンです。
前知識なく初見で当てられる人は皆無だと思います。

なぜこうなってしまったのか、、は由来が書いていないとわからない空港は多そうです。

なぜわかりにくいスリーレターコードがあるのか

名付け親のこだわりがあった可能性もあるのですが、基本的に他空港で取られていたからという理由が多いと思います。

例えば関西国際空港のスリーレターコードは「KIX」なのですが、英語表記Kansai International Airportの頭文字を取って「KIA」にすれば伝わりやすいと思います。

しかしその「KIA」はパプアニューギニアにあるカイアピット空港が先に取得していたため、「KIX」となった経緯があります。
(IATAのスリーレターコードは原則早いものがちなのです。)

(完全に余談ですが、スリーレターコードの概念と関空が「KIX」であることを知ったのは名探偵コナンの『よみがえる死の伝言』というエピソードでした。

世界の空港のスリーレターコード

世界の空港のスリーレターコードも、日本のスリーレターコードと似たりよったりで、3文字から推測できるものや、特定が困難なものまであります。

下記は規模の大きい世界の国際空港ですが、流石と言うべきかスリーレター3文字から空港名が特定しやすそうですね。

JFK→ジョン・F・ケネディ国際空港(アメリカ)
LHR→ロンドン・ヒースロー空港(イギリス)
FRA→フランクフルト空港(ドイツ)
CDG→シャルル・ド・ゴール空港(フランス)
ICN→仁川国際空港(韓国)
PEK→北京首都国際空港(中国)
SIN→シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
DXB→ドバイ国際空港(アラブ首長国連邦)
SYD→シドニー国際空港(オーストラリア)
GRU→グアルーリョス国際空港(ブラジル)

最後に

空港に関わる何かのタイミングで、このスリーレターコードを出してみると通と思われることがあるかもしれません。
ただし、相手に伝わらないと意味がないので、そこは自己責任でお願いします。

ちなみに、航空会社の予約サイトでは、空港名の代わりにスリーレターコードで入力ができるところがいくつかあります。
そのサイトを使うときはちょっとだけ時短になることもありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました