札幌・新千歳空港の紹介と周辺オススメ観光地の紹介

この記事は約4分で読めます。
参照元:北海道千歳市公式サイト

LCC ピーチの旅くじでも行ける!札幌・新千歳空港

空港紹介コンテンツですが、今回は札幌・新千歳空港(以下、新千歳空港)です。
新千歳空港は北海道の玄関口であると同時に、新千歳空港を除いた道内にある各空港のハブとしての役割を持っています。
また、コロナ禍前は国際線も多く就航していました。

そんな新千歳空港ですが、話題になっているLCC ピーチの旅くじに含まれている就航地になります。
関空(心斎橋PARCO)、成田(渋谷PARCO)どちらも那覇空港行きのくじが存在します。

札幌・新千歳空港の概要

スリーレターコードCTS
空港公式サイトhttps://www.new-chitose-airport.jp/ja/
乗り入れている国内の航空会社日本航空(JAL)系列、全日本空輸(ANA)系列、スカイマーク、エア・ドゥ、
アイベックスエアラインズ、フジドリームエアラインズ、ジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーション、春秋航空日本
国際線の路線あり
都心部(札幌駅)へのアクセスJR・快速エアポート(37分)、空港連絡バス(約60~75分)
空港内のオススメスポットRoyce’ Chocolate World
えびそば一幻
新千歳空港温泉
新千歳空港の概要

新千歳の最大の特徴は、空港内で一日を満喫できるほどの充実した設備です。
北海道グルメを堪能できる飲食店やお土産屋はもちろんのこと、映画館や宿泊可能な温泉施設まで完備しています。
グルメに関しては北海道の食が集結していると言っても過言ではなく、ラーメン・海鮮・スイーツは類を見ない豊富さになっています

新千歳空港から札幌までは50kmほど離れていますが、電車やバス1本で行くことができるので、利便性は比較的良好かと思います。
個人的には所要時間が短く、15分に1本間隔で走っている快速エアポートで札幌まで出るのがオススメです。

新千歳空港から行ける観光スポット

①支笏湖

支笏湖の画像
参照元:北海道千歳市公式サイト

支笏湖は新千歳空港の西側にある不凍湖で、深さは田沢湖についで日本2位となっています。
周囲には風不死岳、恵庭岳、樽前山という火山がそびえ立つなど、豊かな自然に囲まれています。
ちなみに、周囲ではヒグマの目撃情報もちらほら寄せられているようです。
また冬場は氷の柱がそびえ立つ「氷濤まつり」も有名です。

支笏湖畔は温泉街として有名です。
雪景色に雄大な湖と火山を眺めながら露天風呂に入れたら最高の贅沢ではないでしょうか?

筆者は「しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌」に数回訪問をしたことがあります。
こちらの施設は事前予約が必要ですが、新千歳空港からの無料送迎バスに乗っていくことが出来ます。
(無料送迎バスをご利用の際は、3日前の20:00までに電話でご予約ください。)

支笏湖 アクセス方法

新千歳空港から車で約40分
JR千歳・南千歳駅から路線バスで約50分

②千歳アウトレットモール・レラ

千歳アウトレットモール・レラ
参照元:Wikipedia

新千歳空港の隣にある南千歳駅が最寄りのアウトレットモールです。

出店ブランド・メーカーに関しては、本州などにあるアウトレットモール比較するとラグジュアリーブランド系の店舗が少なく、アウトドア系のブランドショップが多い印象です。

その他、ここでも北海道のグルメを堪能したり、お土産を購入することができます。
(その足で空港に行くのなら、空港内で購入するのがスマートかとは思いますが。)

なお、以前は新千歳空港から無料でシャトルバスが出ていたのですが、残念ながら現在運休中となっています。

千歳アウトレットモール・レラ アクセス方法

JR南千歳駅から徒歩3分

③サケのふるさと 千歳水族館

サケのふるさと 千歳水族館
参照元:サケのふるさと 千歳水族館公式サイト

サケのふるさと千歳水族館では、北海道の名産の一つであるサケを中心とした淡水魚の展示が行われています。
館内は複数のゾーンに分かれており、テーマにちなんだ生き物の展示が行われています。

淡水では世界最大の水槽を有しており、日本初の川(千歳川)の中を直接観察できる「水中観察ゾーン」など、ユニークな試みを行っています。

チケット代は当日券でも大人800円と、リーズナブルな点も魅力的です。

参照元:サケのふるさと千歳水族館 YouTubeチャンネル

サケのふるさと 千歳水族館 アクセス方法

JR千歳駅下車徒歩10分

タイトルとURLをコピーしました